1. ホーム
  2. タイミングごとの対処法
  3. ≫復縁したいなら、適切な冷却期間を考えよう

復縁したいなら、適切な冷却期間を考えよう

復縁-距離を置く復縁を本気で考えているなら、相手と一定期間距離を置く(放置期間を設定する)事はなかなか効果的です。

ただ「距離を置く」と一言で言っても、何の考えもなしに、ただ「距離を置く」という行動をとってしまっては、何も良いことは起こりません。

行動を取る前に、適切な理解をするようにしましょう。

スポンサードリンク

関連動画

そもそも放置期間とは何?

まず、一番最初に解説をさせていただきたいのが、言葉の定義になります。

様々な復縁本やサイトなどで、異なった使われ方をしているのですが、
基本的には下記3つの言葉というのは同じ意味になります!

・冷却期間
・放置期間
・沈黙期間
・距離を置く期間

基本的な意味としては
「相手に連絡をとらないで、互いの気持ちを落ち着かせる期間」ですね。

最初にこの点だけは抑えて置いて下さい!

また、当サイトでは、上記の表現を「冷却期間」で統一しております。
予めご了承下さい。

冷却期間には、大きく分けて2つの状況がある

さて、そんな冷却期間に関してなのですが、
色々な方の話を聞いていると、大きく分けて2つの状況に分けられます。
それが、下記の状況ですね。


※)上記リンククリックで、それぞれのコンテンツに飛びます。

それぞれの状況に置いて、
「距離を置く」という選択の効果が全く異なってきます。

それでは、それぞれについて解説をしていきます。

まだ付き合っているけど、距離を起きたいと言われた場合

距離を置きたい

まだ付き合っている状態ではあるけれど、
距離を起きたいと相手に言われてしまった場合、、、
どういった行動をとればいいのでしょうか。

まず、この発言を受けた場合、あなたはいくつかの選択を取ることが出来ると思います。

  • 「絶対に嫌だ!」と、拒否をする
  • 「わかった・・・」と素直に受け入れる
  • 条件を設定した上で、素直に受け入れる

他にも細かい選択肢としては、色々とあると思うのですが、
復縁仮面のオススメする選択肢としては
「条件を設定した上で、素直に受け入れる」ですね。
(その理由は、下で説明をします)

逆に、絶対やってはいけない選択が「距離を置くことの拒否」です。

相手も、それなりの考えがあって、
「距離を置きたい」と言って来ているはずなのです。
それを真っ向から否定してしまって、いい結果になるはずがありません。

相手としては、「ああ、距離を置くこも無理なのか、、、じゃあ別れよう」と
一足飛びで別れにまで考えが及んでしまう可能性があります。

そのため、上のような提案を受けたら、まずは一度受け入れるようにしましょう。

条件を設定した上で、受け入れるとは

まず、距離を起きたいと言われた際、
もしくは少し後のタイミングでもいいのですが、
必ず「冷却期間中のルール」を設定するようにしましょう。

具体的には、下記のようなルールですね。

どのくらいの期間冷却期間を置くか

具体的に、どれくらいの期間冷却期間を置くかを決定します。決定の際には、基本的には相手の意見を尊重して「どのくらい期間を置く?」と聞いてみてもいいでしょう。仮に相手が決められない場合、あなたらからの提案として、「2ヶ月」などと言ってみてください。

冷却期間中に連絡をとるか否かの設定

また、冷却期間中に相手に連絡を取るか否かも、極めて重要になってきます。相手が一切連絡を取りたくない!と思っているのか、それとも電話・LINE程度だったらOKなのか。この段階で確定してください。ここを曖昧にしてしまうと、あなたからの連絡が相手にとってのストレスになる可能性があります。

上記のような約束を取り付ける際の一番大切なポイントが、
「絶対に感情的にならない」という事です。

感情的になるというのは、
あなたは気持ちを言えて気持ちが良いかもしれませんが、
相手からしたら、ただの負担です。

この点を胸に刻んだ上で、話を行うようにしましょう。

約束は絶対に守ろう!

上のルールを設定出来たら、
当然の事ですが、ルールは絶対に守るようにしてください。

たとえ、一ヶ月経過くらいのタイミングで寂しくなったとしても、
絶対に上で設定したルールを破ってはいけません。

冷却期間というのは、あなたのためではなく相手のために存在しています。

そんな期間を、あなたの都合で壊してしまっては、
当然の事ながらいけませんよね。

ぐっと気持ちを押し殺すようにしましょう。

冷却期間中の過ごし方

冷却期間

さて、実際に冷却期間を相手と一緒に設定したとして、
その期間はどのように過ごせばいいのでしょうか。

大きなくくりとして2つのパターンが考えられますので、
そのそれぞれを解説していきます。

そもそもの喧嘩の原因が相手の場合

まず、そもそもの原因が相手の場合の解説をしていきます。

よくある内容としては、浮気、嘘、約束の反故など、明らかに相手が悪い状況ですね。

あなたが上の点に注意をして、喧嘩になり
相手も「ちょっと距離を置きたい」なんていう状況がこちらになります。

実際、こういった状況になった場合、
あなたは自分自身を悪いと思わないかもしれません。
客観的に見て、あなたが正しいこともありえます。

しかし「相手への対応」は本当に適切だったのでしょうか。

「相手があなたに対して嘘をつく」
・・・当然の事ながら、相手が悪いのですが、
それほどに相手を追い込んでしまっていませんでしたか?

あなた自身「絶対に自分が正しい!」と思っていたとしても、
このような状況になってしまっていると言うことは、
何かしらあなたにも落ち度があったはずです。

冷却期間の間に、冷静になってその点を思い返してみてください。

あなたに落ち度がある場合

逆に、あなたに落ち度がある場合、
冷却期間の間にそれを克服できないか、本気で考えぬいて下さい。

「性格」「生活」「行動」など、
あなたに落ち度がある点を冷静に見つめなおして、それを克服していくわけです。

ただ、上のような事をやろう!と思うと、ほとんどの人が「壁」にぶつかります。
具体的には「そんな事、私に出来るのかな・・・」と弱気になってしまう点ですね。

ここで1つアドバイスをしておきたいのが、「死ぬ気で頑張ろう!」って事です。

冷却期間を相手が提案してきたという事は、
相手もまだ「別れる」という決心はついていない状況になります。

つまりは、まだあなたの頑張り次第で
挽回出来るポイントにいるというわけですね。

「本気で復縁をしたい!」と考えているなら、
このタイミングで頑張らなくてどうするんですか!?
是非、あなたの本気を見せて下さい。

(追記)あなたに落ち度があって、変更が不可の場合

追記として、上記の様な内容を解説します。

具体的には「あなたに落ち度があるんだけど、変えようが無い」という状況ですね。

例えば、、、
「どうしてもお仕事の関係で相手に対して時間をとれない。
相手はその点を不満に思っている・・・」
こんな状況が挙げられます。

こんな状況になった際には、本気で復縁について自分に問いかけてみてください。

相手と復縁をするのがそれほどまでに重要なのか?
生活を変えてまで、やりたいことなのか?

これは、本当にあなた次第となります。
是非納得のいくまで悩んで、決断をしてください。

別れてしまっていて、距離を置いて復縁を狙う場合

nerau

次に、現時点で相手に振られてしまっていて、復縁をしたい!

そんな状態での冷却期間について解説をしていきます。

そもそも、相手に振られてしまった後、
なぜ2~3ヶ月程度の、冷却期間を取らなければならないのでしょうか。

こちらの場合、大きく分けて3つの理由が挙げられます。

  • お互いが冷静になるため
  • あなた自身が変わるため
  • 復縁の準備をするため

これらはどれも極めて重要な要素になります。
では、それぞれの詳細について解説していきます。

お互いに冷静になるため

上でも少し出てきましたが、
一番大きな理由として挙げられるのが
「お互いが冷静になるため」となります。

ここで重要になってくるのが「お互いに」の部分ですね。

冷却期間というのは、あくまでも「あなただけ」冷静になるわけでなく、
相手も同様に冷静になる期間でもあるわけです。

フッた側・フラれた側共に、別れた直後はついつい感情的になってしまいます。
そして、感情的であるうちは、ほとんどの場合、復縁は成功をしません。

そのため、この期間では無理に動くことはなく、
ぐっと我慢して相手と距離を置くことが重要なのです。

あなた自身が変わるため

次に冷却期間の役割として挙げられるのが
「あなた自身が変わるための期間」という部分です。

こちらも、極めて重要になってきます。

結局の所、復縁というのは、
あなた自身が変わらなければ絶対に幸せになれません。

たとえ自分磨きを一切やらずに復縁が出来たとしても、
絶対に「今回と同じ過ち」のような問題が発生し、
別れる事になってしまいます。

そのような事態を避けるためにはどうすればいいのか?
それが「自分磨き」になってくるわけです。

相手にとって、よりふさわしい人間になれるよう、
この期間中にしっかりと自分磨きを頑張っていきましょう。

※)自分磨きの詳細については、
「自分磨きを行っていこう」をご確認下さい。

復縁の準備をするため

冷却期間の3つめの役割として挙げられるのが
「復縁の準備をするため」となります。

色々と準備はあるのですが、
その中でも最も大切なのが「復縁のリサーチ」ですね

復縁のリサーチについては、
復縁のテクニック・コツとは」をまずはご覧になってください。

上のリンクにも書いてあるのですが、
復縁のリサーチにおいて極めて重要なのが、
下記2つのポイントを理解することになります。

  • 相手と別れてしまった原因は何なのか?
  • そもそも何で付き合えたのか?

これを本気で考えることにより、相手とあなたのギャップを埋めていくわけです。

考え方の根本の部分でギャップが生じてしまっている場合、
絶対に復縁が成功することはありません。

しっかりと現状を理解するように努めましょう。

どのくらいの期間、冷却期間を置くべきなの?

rei-time

では、具体的に冷却期間はどのくらい必要になるのでしょうか。

千差万別なので、完璧な正解というものはないのですが、
一般的な内容としては「三ヶ月」となっています。

何故、三ヶ月かと言うと、やはりそれなりの理由があるのです。

冷却期間が三ヶ月の理由とは

三ヶ月に設定されている最大の理由としては
「人が変わるにはそれなりの時間が必要なため」となります。

当サイトでも何度も言っているのですが、
復縁を成功させるためには「本人が変わること」が何よりも重要となります。

そして、人が目に見えて変化を遂げるためには
最低でも3ヶ月くらいは必要になってきてしまうのです。

また、この期間には逆説的な意味もふくまれています。

それは「最低三ヶ月は本気で自分みがきをしよう!」って事です

「自分を変える」っていうのは、言うほど簡単な物ではありません。
ただ、目標とする状態を見つけて、そこに向けて3ヶ月間本気で努力をすれば、
何かしら変化をすることは出来るはずなのです。

本気で復縁を考えているなら、それくらいの努力はこなしていきましょう。

※)相手に連絡をしたくなってしまった際は、
どうしても相手に連絡をしたくなったら」を見て気持ちを落ち着かせましょう。

また、「自分磨きについてよくわからないよ!」って方は、
是非下のリンクより復縁仮面に相談をしてみてください。
少しはお力になれるはずです。

では、復縁に向けて頑張っていきましょう♪

復縁仮面からのご提案

logo3

当サイトをご覧になって頂きまして、ありがとうございます!
復縁仮面は、本気で復縁を望んでいる人をサポートする活動を行っています。

復縁というのは、間違った行動をしてしまうと、
本来成功するはずだったとしても、修復不可能になってしまいます。
だからこそ「正しい行動」が絶対に必要になってくるのです。

そこで、当HPでは
「復縁7STEPプログラム」にご入会を頂いた方に
「無制限サポート」にて、サポートさせて頂きます。

つまり、入会を頂いた方は、
下記のような内容で復縁に向けて行動をして頂けるわけです。

  • 「販売総数・復縁実績で日本一!」の教材で行動を完全に把握
  • 迷った際には復縁仮面・7Step作者の小澤さんに無制限で質問可能
  • 指示どおりに行動して復縁出来ない場合、全額返金致します。

「指示通りに行動して復縁出来ない場合、全額返金保証」とあるように、
正直かなり自信のある内容となっております。

時間の経過と共に、復縁成功の可能性は低くなりますので、
是非早めの入会をご検討頂けましたら幸いです。

復縁に向けて、一緒に頑張っていきましょう!

男性版マニュアル
女性版マニュアル