1. ホーム
  2. 復縁テクニックを知ろう
  3. ≫やってはいけないタブーの行動とは!

やってはいけないタブーの行動とは!

復縁のタブー皆さんの復縁の相談にのっていると
「復縁のタブーって何?」
「タブーらしき行動をやってしまった・・・」
といった相談などお受けします。

復縁のタブーというのは、様々な場所で語られているのですが、イマイチ的を得ない情報が多いです。私なりの考えをお伝えしますので、是非チェックしてみてください!

スポンサードリンク

関連動画

絶対に覚えなければならないポイントとは

復縁の本などや情報などを探っていると、タブーについて色々と言われています。
例えば、下記のような内容ですね。

  • 別れた後に相手を責めない
  • 感情のままに連絡をしない
  • 復縁したいそぶりを見せない
  • はい、正直どれも当たっています。
    当たっているんですが、、、イマイチ違和感を感じてしまうんですね。

    というのも、他の情報などを見ていると、
    この行動がそもそもタブーな理由というのがあまり言及されておりません。

    わかりやすく言うと、上の情報っていうのは
    「あまりにも表面的すぎる」んですね。

    根本の部分がぽっかり抜けて、表面部分だけ真似てもボロが出てしまいます。
    なので、私は根本からの理解が重要だと思うわけです!

    復縁のタブーの考えかたを解説

    では、復縁仮面の考える「復縁におけるタブー」への考え方とは
    どういった内容になるのでしょうか。

    これはですね、ズバリ!
    「今以上に関係を悪化させないこと」になります。

    ・・・いいですか?
    大事な事なのでもう一回言いますが、
    「今以上に関係を悪化させないこと」がポイントになってきます!

    例えば、ちょっと簡単な数学で考えてみましょう。

    今、あなたの「嫌われているゲージ」が「-50」のポイントにいたとします。

    これをプラスの状態にもっていければ復縁が出来るとして
    どうすれば点数を加算することが出来ると思いますか?

    例えば「メール」について考えてみましょう。
    別れた直後に、メール(どんな内容でもいいですが、、、)を送ったとして、
    相手の気持ちを、少しでも「+」に持っていけると思いますか。

    ・・・正直、難しいですよね。

    相手としては、メールが来たら当然のごとく「うざい」と感じてしまいます。

    仮に天才的なメールを送ることが出来たとしても
    加算点を得ることは出来ませんよね?

    つまりは、その行動というのは
    「タブー(やってはいけないこと)」になるわけです。

    この前提をもって考えてみたら
    「じゃあ直接あったらどうなの?!」とか「復縁したいそぶりは!?」みたいな
    変な考えにはつながらないはずです。

    どれも当然のごとく「マイナスになる」って事がわかりますからね。

    この点を考慮に入れた上で、ご自身の行動を考えるようにしましょう!

    冷却期間というのは

    当サイトで良くご紹介している「冷却期間」ですが、
    存在する理由としては「行動によって生じるマイナスを薄める効果」があるんですね。

    例えば、上でご紹介しているように、
    別れた翌日のメールというのは、
    どうやってもマイナスの効果になってしまいますよね。

    それが、冷却期間を置いて、一定の時間が経過したら
    その「マイナス」が、「プラス」もしくは「ゼロ」くらいにはなってくれるわけです。

    別れた翌日に「元気・・・?」なんて来たらうざいですが、
    3ヶ月後に「久しぶり!最近元気してる・・・?」って来たら
    それほど抵抗を感じませんよね。

    なので、冷却期間が極めて重要になってくるわけですね。

    【タブーについてのまとめ】
    「これはダメ、あれはダメ」と個別で考えるのではなく、おおまかに全体で考えることが「タブー」の理解につながります。別れた直後は精神状態が不安定なので、何か行動をする際には、上のようにポイントで冷静に考えるようにしましょう。

    既にタブーを行ってしまった場合・・・

    とまぁ、ここまでで「タブー」の基本的な部分をお伝えしたので、
    次に「タブーをやってしまった・・・」という方のために、情報をお伝えします。

    以前、私へご連絡を頂いた方なのですが
    「このサイトを発見する前に、タブーをやりまくってしまった」とのことです。

    まずは、そちらのメールを確認してみましょう。

    突然のメール失礼致します。
    MAKI(仮名)と申します

    本当に復縁について素晴らしい情報をありがとうございます。
    復縁のタブーがあったなんて、、、言われてみて、本当に気付かされました。

    大変恐縮なのですが、ちょっと今の私の状況について相談をさせてください。

    私は、2週間ほど前に彼氏にフラレてしまいました。
    相手が言っている別れの理由としては「重い・束縛がきつい」などです。

    その場では、ちょっと気丈に「わかった」なんて言って受け入れたのですが、
    その後、本当に気持ちが寂しくなって、ついつい相手に連絡をし続けてしまったんですね。

    内容としては様々なんですが
    「まだ私の気持ちは変わっていない」
    「何とか復縁出来ないかな?」
    みたいな内容がメインです・・・。

    元々は「仲の良かった頃の友達に戻ろう!」なんて言って別れただけあって、
    相手も返信をしっかりと返してくれました。

    しかし、一週間経ったあたりから、なかなか返信をくれなくなりました。。。

    その時点で「ちょっとヤバイかも?」と思い、
    情報を調べ、復縁仮面さんのサイトを発見しました。

    このような場合、どうすればいいのでしょうか。。。
    アドバイスを頂けましたら幸いです。

    はい!こんなメールを頂きました。

    いやー、、、
    もっと前にこのサイトを発見してくれていたら、、、と
    思わないでも無いですが、それを今言っても始まりません。

    なので、この状況からできる事を考えてみましょう。

    どんな行動をとることが出来るの?

    この状況からの具体的なポイントとしては、
    やはり最初は「冷却期間を置くこと」がオススメになります。

    正直、、、
    この状況では相手に連絡すればするだけ、悪化してしまいます。
    なので、まずは相手と距離を置くことが一番ですね。

    「最後に一通だけ送って、冷却期間に突入だ!」と
    最後の一通に気合を込めてしまう方もいらっしゃいますが、
    それに関してもやめてください。

    今の状況で送っては、ほぼ確実にマイナスに働きます。
    感情的になりそうになったら、上の数値を思いかしてみてください。

    「今の状況での自分の行動」を冷静に考えてみて、
    本当にプラスに働かせることが出来るのか。

    そうすれば、ある程度自分で行動を判断出来るはずです!

    メールを送っていい場合とは

    ただ、上のような状況に関しても、
    相手にメールを送って良い状況が存在します。

    それが、「相手と恋愛以外においても、関係がある場合」になります。

    どういう状況かと言うと、
    「大学生で相手とゼミが同じで、研究に関してのメール」
    とか
    「同じ職場で、お仕事に関してのメール」とかですね。

    当たり前ですが、こういったメールは一切問題がありません。

    ただ、仮にこういった状況で連絡を行う際にも
    「恋愛っぽさ」を匂わすことは絶対にやめて下さい。

    あくまでも、冷却期間の間は事務的に徹するようにしましょう。

    冷却期間に徹した上で、、、

    上のような形で、冷却期間に徹したら、
    後は「自分磨き」を本気で頑張るだけです。

    正直、一度タブーをおかしてしまっている以上、
    「以前と変わっていない」という事だと、
    ほぼ間違いなく復縁に失敗してしまいます。

    なので、明確に変わることが重要になるわけですね。

    上の相談者の方には、下記2点について重点的にアドバイスを行いました。

    • 束縛してしまった理由を分析し、克服
    • 外見的にもより相手の理想に近づけるようにトレーニング

    束縛してしまった理由を分析し、克服

    相手を束縛してしまうというのは、
    基本的に相談者さんの自信のなさの表れになります。

    一般的なカップルでは束縛しない方が多いのに、
    何故相談者さんが束縛をしてしまったのか・・・?

    その点をしっかりと分析し、
    今後はそれを行わないように、どう改善していくことが出来るか。
    話し合いながら、克服してもらうようにアドバイスをしました。

    外見のチェンジ

    ちょっと話を聞いていてわかったのですが、
    相談者さんは、以前に比べてだいぶ見た目が変わってしまっていて、
    その点を元カレから色々と言われていたとのことでした。
    (体重の事について、色々と言われたようです。)

    「相手から指摘がある」というのは
    基本的には「相手は直して欲しいと思っている」と考えられます。
    (実際に、色々とそうだと思われる発言が彼からあったようです。)

    なので、その点についても、
    「本気で自分磨き」を頑張るようにアドバイスをさせて頂きました。


    仮に、復縁の復縁におけるタブーのような行動をやってしまったとしても、
    それで終わりということは絶対にありません。

    もちろん、ダメなケースもありますが、
    復縁可能なケースもかなりの確率であるのです!

    本気で復縁を考えているなら、可能な限り努力をするようにしましょう!

    復縁仮面からのご提案

    logo3

    当サイトをご覧になって頂きまして、ありがとうございます!
    復縁仮面は、本気で復縁を望んでいる人をサポートする活動を行っています。

    復縁というのは、間違った行動をしてしまうと、
    本来成功するはずだったとしても、修復不可能になってしまいます。
    だからこそ「正しい行動」が絶対に必要になってくるのです。

    そこで、当HPでは
    「復縁7STEPプログラム」にご入会を頂いた方に
    「無制限サポート」にて、サポートさせて頂きます。

    つまり、入会を頂いた方は、
    下記のような内容で復縁に向けて行動をして頂けるわけです。

    • 「販売総数・復縁実績で日本一!」の教材で行動を完全に把握
    • 迷った際には復縁仮面・7Step作者の小澤さんに無制限で質問可能
    • 指示どおりに行動して復縁出来ない場合、全額返金致します。

    「指示通りに行動して復縁出来ない場合、全額返金保証」とあるように、
    正直かなり自信のある内容となっております。

    時間の経過と共に、復縁成功の可能性は低くなりますので、
    是非早めの入会をご検討頂けましたら幸いです。

    復縁に向けて、一緒に頑張っていきましょう!

    男性版マニュアル
    女性版マニュアル