1. ホーム
  2. 別れ方ごとに解説
  3. ≫喧嘩別れからの復縁法をお伝えします!

喧嘩別れからの復縁法をお伝えします!

kenwaka復縁の相談に長らく乗っていると「喧嘩別れからの復縁」についてご相談を受けることがよくあります。

一言で「喧嘩別れをしてしまったから、復縁をしたい」と言っても、実際にはその裏に様々なシチュエーションが隠されています。そこで、こちらでは状況別に復縁のステップについて解説をしていきます。
喧嘩別れをしてしまった方は、是非ご確認下さい。

スポンサードリンク

現状の把握をしっかりとやろう!

私自身、過去にかなりの数の
「喧嘩別れからの復縁」について相談に乗ってきました。

中には色々なケースもあったのですが、
大多数において、共通しているポイントがあります。

それが「現状の把握ができていない」という事です。

ほとんどの人が、私が質問をするまで
「喧嘩別れをしてしまった」程度の認識しか無くて、
より詳しい部分の把握が全く出来ていなかったんですね。

復縁を本気で考えるなら、
第一に何より重要になってくるのが
「現状の把握」となります。

まずはこの点をしっかりと抑えるようにしましょう。

この点をしっかりと抑えよう!

復縁においては、下記リンクで解説しているような
調査の方法が一般的な内容となっております。

【復縁の調査の詳細】
復縁のテクニック・コツを抑えよう

しかし、今回のような「喧嘩別れからの復縁」の場合、
それよりも先に押さえてもらいたいポイントがあります。

それが「喧嘩の本当の理由」です。
一言で喧嘩と言っても、その理由は下記2つに分けることが出来ます。

  • 突発的な喧嘩が起きて、感情で別れてしまった
  • もっと大きな不満があった。今回は別れの良い機会だった。

あなたが現在どちらに当てはまるかによって、
今後の対処法がまったく異なってきます。

下の項で更に詳細を解説していきますので、
確実にご理解するようにして下さい。

どうやったら判別が出来るの?

imgh2

では、現時点で相手とあなたの状況は、
どのような方法で見分けることが出来るのでしょうか。

色々と方法は考えられるのですが、一番オススメなのが
「別れた一週間後に、謝罪・復縁メールを送る」という内容になります。

かなりオススメな内容なのですが、
しっかりと内容を理解して送らないといけません。
内容を理解したうえで、活用していきましょう。

何で一週間後なの?

まず、そもそも何故「別れた一週間後」にメールを送るのでしょうか。

これは、このような状況において、
「相手の気持ちを測るのにちょうどいいタイミング」となるためです。

例えば、相手と喧嘩別れをしたとして、
「相手の怒り」はどのくらいの期間継続すると思いますか?

正直「数日間は継続する」という事をご理解いただけると思います。

喧嘩をした数日後は、ちょっとしたタイミングで
思い出してむかついたり、イライラしたり、、、
そんな風な状況になると思います。

ただ、いくら大喧嘩をしたとしても
「その瞬間の怒り」という事であれば、
一週間のタイミングで一時的におちついてきます。

そのため、この「一般的に落ち着くタイミング」である
一週間くらいで、相手にメールを送ってみて
相手の反応を見るというのが、かなり効果的となるのです。

どんな内容を送るべき?

では、このタイミングで具体的にどんな内容を
相手に送るのがベストになるのでしょうか。

特にオススメの内容が、下記ポイントを抑えた内容となります。

  • 謝罪の内容のみを伝える
  • 復縁は求めない
  • 相手にお願いしない

上記内容お全て反映すると、下記のようなメールとなります。

◯◯君

お疲れ様です。
先日は、本当にごめんなさい。
一週間考えてみて、私のダメだった点、
◯◯君を困らせていた点が本当にわかってきました。

◯◯君は、私のダメな所をしっかりと指摘してくれたのに、
私はそれを直視しないで、本当にワガママばかり言ってしまってました。
本当にすいませんでした。

ただただ、感謝の気持ちを伝えたくて連絡をしました。

PS:この間の菊花賞見てたけど、最後の追い込みがすごかったね。
友達とHUBで見てたんだけど、すごい盛り上がりました(笑


こんな内容になります。

あなたが実際に書く際に、
「あまりこの手紙に引っ張られてほしくない」という思いから、
必要最低限の情報のみを記載した形になります。

最後に競馬の話題を入れたのは、
「相手に返信を求めていないけど、返信の確率を高める」という
観点のもと入れた内容になります。
共通の趣味とかであれば、何でも構いません。

何でメールで復縁を求めないの?

上のような内容のメールを見ると
「何故、復縁を求める内容は入っていないのか」と
疑問に思いますよね?

こんな早いタイミングで相手に復縁を言ってしまうと、
相手に強制的に「YES/NO」の選択を迫ることになります。

相手が乗り気であればいいのですが、
仮に相手が拒否の気持ち、もしくは迷う気持ちなどた会った際に
拒否をされてしまいます。
(人は、迷ったらNoを選択する性質があります。)

そのため、、まずは結論を先延ばしにして
相手との信頼関係の再構築を狙っていくわけです。

心配しなくても、仮に相手があなたに対して再度好意を持っている場合
無理に「返信してね」などと言われなくても返信はかえってきます。

逆に返信が帰ってこない場合、
本格的な復縁の作業にはいっていくわけです。

返信が帰ってきた場合

返信が返ってきた

上のようなメールに対して、相手から返信が返ってきた場合
相手はあなたに好意があると考えてOKです。

ただ、上にも書いているように、
早いタイミングで「復縁しよう!」などと、
決定を相手に迫ってはいけません。

返信が帰ってきたら再度相手とメールをしていく事になると思うのですが、
大前提として「相手と再度デートをする」という事を念頭に
話を進めていって下さい。

下手に電話をしてしまうと、
「相手のあなたへの欲求」を電話で満たしてしまうことになるので、
次のステップに進みにくくなってしまいます。

そのため、可能な限りデートに繋げられるように、
話を構築していきましょう。

返信が帰ってこない場合

返信なし

次に「相手から返信が返ってこない場合」に絞って
詳細を解説していきます。

正直、相手から返信が返ってこないという事は、
相手はあなたと連絡をとりたくないという状況となります。

このような場合、当サイトで解説しているような
一般的な復縁のステップを歩んでいく流れとなります。

【別れた直後の人向け】

復縁のテクニック・コツを学ぶ


【冷却期間(放置期間)についての詳細解説なら】

復縁に向けて、冷却期間を設定する


【冷却期間後のメールの段階】

今すぐ使える復縁メールの詳細について解説


【実際にデートに誘う段階でのメール】

復縁に向けて!元カレ・元カノを再デートに誘うコツとは

特に「冷却期間」「現状の調査」は
しっかりと行うようにしてください。

一週間時点で相手に連絡をして、返信がないわけですから
このタイミングで無理に押しても、プラスになることはほぼありません。

無理に相手に連絡をすればするだけ
マイナスになってしまいますので、控えるようにしましょう。

まとめ

以上、喧嘩別れからの復縁に絞って
詳細について解説をしていきました。

喧嘩別れと一言で言っても
「1週間で復縁」というような簡単な内容から、
「数ヶ月で復縁」というような、厳しい内容まで
幅広く存在しています。

喧嘩の本当の理由などを適切に理解しないと、
復縁を成功させることは出来ません。

その点しっかりと理解して、
真面目に復縁を目指していきましょう。

復縁仮面からのご提案

logo3

当サイトをご覧になって頂きまして、ありがとうございます!
復縁仮面は、本気で復縁を望んでいる人をサポートする活動を行っています。

復縁というのは、間違った行動をしてしまうと、
本来成功するはずだったとしても、修復不可能になってしまいます。
だからこそ「正しい行動」が絶対に必要になってくるのです。

そこで、当HPでは
「復縁7STEPプログラム」にご入会を頂いた方に
「無制限サポート」にて、サポートさせて頂きます。

つまり、入会を頂いた方は、
下記のような内容で復縁に向けて行動をして頂けるわけです。

  • 「販売総数・復縁実績で日本一!」の教材で行動を完全に把握
  • 迷った際には復縁仮面・7Step作者の小澤さんに無制限で質問可能
  • 指示どおりに行動して復縁出来ない場合、全額返金致します。

「指示通りに行動して復縁出来ない場合、全額返金保証」とあるように、
正直かなり自信のある内容となっております。

時間の経過と共に、復縁成功の可能性は低くなりますので、
是非早めの入会をご検討頂けましたら幸いです。

復縁に向けて、一緒に頑張っていきましょう!

男性版マニュアル
女性版マニュアル